忍者ブログ
合言葉は、近眼じゃけん。
カレンダー
05 2017/06 07
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
和友
性別:
非公開
自己紹介:
好きです、広島。

好きです、福岡。
最新記事
最新コメント
43
(05/18)
(05/17)
(05/16)
(05/01)
(04/27)
最新トラックバック
ブログ内検索
[33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ただいま、21時25分です。一方、ホテルの部屋の時計は「AM6:57」の表示。なんじゃあこりゃあ!くるうにもほどがあるぞ。しかし、なんのことはない、ホテルの電気設備工事で停電したせいだった。本当ならフロントに言わなくてはならないのだが、それもめんどくさい。しかしこのままではなんとなく気持ち悪い。しかも都合も悪い。

生きていくためには時計なんてなくたっていいと思うのだけれど、社会生活を営むためには時間を知り、動くことはとても重要。実際、学校だって会社だって、時間に縛られてる。パソコンにも携帯電話にも当たり前のようにデジタル時計が搭載されていて、テレビをつければ左肩には時間が表示されている。ぼーっとしていると、ものすごくもったいないことをしている気分になって焦る。なんかそう考えると息苦しい。

時計があるから時間どおりにバスや電車が来ないとイライラする。時間なんて忘れて、もっとおおらかになればイライラしないのに。でも、みんなが勝手していては社会は成り立たない。時間を忘れることイコール学校・会社・社会を忘れること?うーん。ある程度は縛られないと困るのは私たちか。

少なくとも、いま、会社に属している私にとって、正しく時間を知ることは重要だ。明日も夜明け前には起きなければならないのだから。まあ、いまは携帯電話があるから打つ手なしというわけでもないけど、目覚まし2つはほしい。

ということで、「めんどくさい気持ち」に「不都合だと思う気持ち」が勝ったので、明日にでもフロントに言いにいこうと思いました。



PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
時間に
縛られまくりの仕事をしています。
1秒1秒が勝負です!!!

あ、昨日はレミオロメンの新曲解禁日だったみたいですね。局内でレコード会社の方が流してねってお願いしながら配ってました。
オフィスにはラジオが流れ(当たり前ですが)、がんがん内線・拡声呼出がかかり、外部の方ががんがん出入りしてる。地方ですけど、なかなかあわただしい局なのですよ。オホホ。。。
といいながら、今日は定期保守で山登りだった。。。明日は生中継立会。。。
kanegon URL 2006/04/19(Wed)23:39:42 編集
時間とのたたかい
時間に縛られまくり。それはうちも一緒(笑)朝の9時をすぎたころから高まってく緊張感といったら!

でも、そういうメリハリのある仕事って飽きなくていいと思う。今はまだ新人の負っている責任なんて無に等しいけど、そのうちあの緊張感のうえに責任という重圧が加わるしね。そう思うと少し不安もあるかな…。

でも早く一人前になりたい!今が一番楽しいんだとは思うけどねー。
【2006/04/20 21:39】
!!!
新人の負ってる責任なんて無に等しいだって?!
これだから大規模企業に入った輩は…(ぶつぶつ…)な~んてな(^_^;
私なんか、今、与えられている責任の下で、やろうと思えば放送止めることが出来ますよ☆言論機関制圧!ってテロですね!(そんかわり、ものすごい損害賠償しないといけないんだろうけど、、、)
ということで、緊張感と責任とに毎日追われてる業務です。ものすごい不安やで…

(上の返信用の小窓みたいなの、なかなかいいアイデアやね!)
kanegon URL 2006/04/26(Wed)22:57:16 編集
いやいやいや
無に等しいってのもある意味つらいと思うよ?研修生だから仕方ないし、今1面紙面任されたところで先輩たちと同じように仕事できるかって言ったらそりゃそんな自信はないけどさ。でも今の立場って、「私がいなくても会社は困らない」って位置づけなんだよ。それって結構意味ないし、切ない。まあだからこそ「ああ、確かにここはおかしいね。直そう」って、自分の意見が聞き入れられたときの喜びも大きいわけですよ。

まあ、責任あるのもないのも良しあしってことですな。

(返信機能があることに初めて気付いたのでした)
【2006/04/27 19:04】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]